2号とタイとコンビニと。

2号とタイとコンビニと。

出張でタイに行く事が時々ある2号です。

プライベートではなく仕事ですし観光をする訳でもありません。

ホテルと職場のみの訪問でネタになるような事が有る訳でもないのですが、ネタも無いのでそんな2号とタイの仕事以外の場面を少しご紹介です(笑)。

このカテゴリにしては珍しく文章多めの内容です。

PR広告

タイ土産はコンビニ推し

日本では最近、外国人渡航者にコンビニが人気で多くの人が利用するという話をよく聞きます。

『日本のコンビニってワンダフルだね!何でも揃うし食べ物はうまいし!Bentoサイコー!BWAHAHA!!』

ってネット記事を2号は頻繁に目にします。

実は2号も海外に行くとコンビニや地域のマーケットを訪問するのが好きなんです。

まぁ、観光をする時間も余裕もないという理由がメインですが。

国内旅行が好きな人も『地域限定○○』の物を見かけると思わず買いたくなりますよね?

それが外国だったなら、ただのセブンイレブンが丸ごとご当地商品専門セブンになっちゃう訳ですから、行かない理由はありません(笑)。

実際、食べ物のようなお土産も仰々しく空港で買うよりずっとワンダホーです。

海外旅行が流行り出したころ、お土産と言えばチョコレートという概念はありませんでしたか?

確かに賞味期限の長いチョコレートはお土産に最適です(チョコ自体は好きw)。

・・・が糞高い!!

そして、代り映えしない。

はい。買った事ありません

余った外貨を使い切る目的以外に空港のお土産にメリットを感じられない2号。

再訪の可能性が高い国なら猶更です。

PR広告

コンビニとタイの海辺

前回のタイ国訪問時。

お財布には400バーツ程(この時のレートで1,600円位?)以前の残りが入っていた2号。

出張に行っても大きな支払いはカードで済ませてしまうので、その国の貨幣は完全にローカル店舗での支払い用でしかありません。

足りなければ現地でエクスチェンジすればいいやと思っていましたが、結局、滞在期間中に現金で支払う機会はコンビニのみでした(笑)。

帰国の前日、余っていた現地通貨を持って夜のコンビニを訪問。

周辺では最も規模の大きいセブンイレブンで、お菓子・日用品・お酒・タバコ・食品の全てで品揃えが豊富です。

ちなみに、タイにはコンビニが沢山。バンコクなどの都市部だったら日本よりも店舗密集度合いが高いって位にあります。

日系だとローソン・ファミマ・セブンイレブンが多く、スーパーマーケットとコンビニの中間位の店舗イメージでマックスバリュも多数見かけます。

そんなセブンイレブンでこの投稿ページTOPに貼った画像の商品をお土産用に購入。

内容は、センレック(タイビーフン)を使ったインスタント麺数種とキューブのトムヤムクンの素、蜂蜜(有名なの?)、スイートチリソース、その他お菓子。

他にも当日用に500mmドリンク2本とスナック菓子(ポテコみたいなヤツ)を買い全部で約300バーツちょいのお支払いとなりました(空港で買うお土産用チョコ1箱分程度)。

面白いなぁと思うのは、日本人の2号にはあまり違いの分からない商品なのに倍くらい値段の違う物が結構ある事。

商品のパッケージから多少はランクの違いが判る程度には見えますが、品物自体は同じ部類ですよね?って感じの物。

2号が買うのは安価な商品中心なんですけどね。。

ただし、一つ失敗した2号。

2種類あったスイートチリソースも安価な方を選んで購入していたのですが、帰国してお土産を開けたらソースがしみ出しているという大失態。。。

フライト時の気圧変化(?)によってボトルの蓋が歪んでソースがしみだしたのかも知れません。

気圧変化程度で歪んじゃう蓋って・・・と言う感じでビビりました(笑)。

購入する際にはご注意を。

スポンサーリンク




海岸とローカルフード

そんな観光とは無縁の2号にしては、珍しく海の見える場所に行きました。

宿泊していたのはタイでも2番目に日本人の多いエリアであるシラチャ

近隣に輸出入に使われる港があって、その関係で日本人が増加してきた地域です。

バンコクからは少し離れた地域ですが、世界的に有名な観光・歓楽のリゾートであるパタヤにもほど近い町です。

仕事を終え、ホテルに戻る前の食事時。

たまにはタイローカルの海鮮料理を食べようと現地関係者とおっさん二人で海沿いのお店を訪問させて頂きました。

夕暮れ時の海岸線には、親子連れやカップルが涼みに出てきていたり、食事やデートにぴったりな雰囲気ではありませんか(笑)。

海岸沿いにテーブルの並んだシーフードのお店は、メニューがタイ語以外の表記がないガチローカルのお店。

観光大国のタイは、少しでも外国人の来るお店ならメニューに英語が載っている場合が殆どですし、地域的には日本語の併記してあるお店も多いのにタイ語のみ(笑)。

同行者はタイ語ペラペラですが、読み書きは出来ないので店員さんに聞きながら注文させて頂きました。

そして運ばれてきたシーフードは、めちゃくちゃ美味しくて安かったので2度ビックリ

香辛料やエスニック野菜を苦手な人もいますが2号は好きで、現地に行くとローカルフードを食べたくなる性質でもあります。

ガパオやパッタイ、トムヤムクンも好きですが、今回はいつもと違う場所で違う食事を食べて大満足の2号でした。

おしまい